水と4大ミネラル

水の構成要素について

水に含まれている栄養成分

水の栄養成分は?と問われたら、多くの方々が戸惑われることと思われます。なんとなく、カロリーもなく、構成要素もかなり少ないように感じられるからでしょう。ただ、実際には構成している要素がないわけではありません。当然のことです。特に天然と名がつくものには、ミネラルも多く含まれています。他にも、ミネラルウォーターと呼ばれる商品もミネラルを含んでいます。その代表的なミネラルは、カルシウムやカリウム、そしてマグネシウムやナトリウムなどです。これらは、4大ミネラルとも呼ばれます。他に、亜鉛やアルミニウム、そしてリチウムなどが含まれた商品もあります。水は、私たちの身体には欠かせない存在です。栄養成分が含まれていることもその理由のひとつです。

ミネラルウォーターの成分

人間の体の60パーセントを占めると言われている水ですが、栄養はあるのでしょうか。断食をしても水だけを飲んでいれば1週間ほどは大丈夫と言われていますし、栄養価やカロリーが気になるところです。カルシウムやマグネシウムをほんの少し含んでいるというのが現実ですが、物質を溶かし込んで運んだり、安定した化学反応を起こしたり、体温調節をしたりするのが役割です。ミネラルウオーターの場合にはバナジウムやカリウム、亜鉛などがバランスよく配合されていますが、商品によって成分が異なるのは採取した場所によるものといわれています。

新着情報

↑PAGE TOP